世界で活躍するグローバル人材の育成を目指しています

理工学術院 博士後期課程内に
数物系科学コースを
設置しています!

コースの対象は博士後期課程ですが、コース進入の条件となる基礎講義は修士課程から履修できます。

SGU数物系科学コース生

2021年度9月進入   · 徐 兆京     · 須田 璃久     · 谷口 靖憲     · 富岡 健太     · 山本 立規    
2021年度4月進入   · 武内 太貴     · 波照間 雄大    
2020年度9月進入   · 少林 文孝    
2020年度4月進入   · 井上 順平     · 宇田川 衷     · 牛奥 隆博     · 鈴木 隆博     · 劉 洋    
2019年度4月進入   · 喜多 航佑     · 渡辺 昌仁    
2017年度4月進入   · 金子 吉樹     · 大土井 亮祐    

2021年度9月進入

徐 兆京

Zhaojing XU
総合機械工学専攻

研究テーマ

 Computational method for the thermo-fluid analysis of tires with road contact, tire deformation and heat exchange with road surface


須田 璃久

Riku SUDA
数学応用数理専攻

研究テーマ

 高増大度の非局所性を持つ Kirchhoff 型楕円型方程式と、関連する特異摂動問題についての変分的解析


谷口 靖憲

Yasutoshi TANIGUCHI
総合機械工学専攻

研究テーマ

 生体内の薄肉構造解析のための厚みと曲率を考慮した新しい計算手法の考案


富岡 健太

Kenta TOMIOKA
物理学及応用物理学専攻

研究テーマ

 プラズマ物理学に関する非線型偏微分方程式の研究


山本 立規

Tatsuki YAMAMOTO
数学応用数理専攻

研究テーマ

 領域の位相的性質に依存する定常流の数学解析


2021年度4月進入

武内 太貴

Taiki TAKEUCHI
数学応用数理専攻

研究テーマ

 非線型偏微分方程式系の調和解析学的研究


波照間 雄大

Yudai HATERUMA
数学応用数理専攻

研究テーマ

 DPW法を用いたtt*-幾何学の研究、およびLandau-Ginzburg potentialの構成に関する研究


2020年度9月進入

少林 文孝

Fumitaka WAKABAYASHI
数学応用数理専攻

研究テーマ

 非定常Navier-Stokes方程式における動的特異点の除去可能性

論文

  1. F. Wakabayashi, "The Keller-Segel system of parabolic-parabolic type in Morrey space", J. Differential Equations, 265 (2019), no. 9, 4661--4686.

2020年度4月進入

井上 順平

Junpei INOUE
数学応用数理専攻

研究テーマ

 反応拡散方程式の大域的解構造に関する研究

年次レポート

  2020年度年次報告書▸


宇田川 衷

Tadashi UDAGAWA
数学応用数理専攻

研究テーマ

 DPW 法によるholomorphic potential の分類とそのOper への応用  

年次レポート

  2020年度年次報告書▸


牛奥 隆博

Takahiro Ushioku
機械科学・航空宇宙専攻

研究テーマ

 キャビテーションクラウドの非定常挙動と衝撃波現象の解明に関する研究

年次レポート

  2020年度年次報告書▸


鈴木 貴大

Takayuki Suzuki
物理学及応用物理専攻

研究テーマ

  1. non-stoquastic項を利用した,量子アニーリングにおけるノイズ抑制と多体相互作用の実現手法の提案
  2. 着目系のハミルトニアンが時間依存する場合の開放系のダイナミクスの非摂動的な評価

年次レポート

  2020年度年次報告書▸


劉 洋

Yang LIU
総合機械工学専攻

研究テーマ

 Computational Analysis of Upstream Wind-Turbine Wake Effect on Downstream Wind-Turbine

年次レポート

  2020年度年次報告書▸


2019年度4月進入

喜多 航佑

Kosuke KITA
物理学及応用物理学専攻

研究テーマ

 非線形境界条件を伴う放物型・楕円型方程式の研究

論文

  1. K. Kita and M. Ôtani, "Bounds for global solutions of a reaction diffusion system with the Robin boundary conditions", Differ. Equ. Appl., 11 (2019), no. 2, 227--242.
  2. K. Kita and M. Ôtani, H. Sakamoto, "On some parabolic systems arising from a nuclear reactor model with nonlinear boundary conditions", Adv. Math. Sci. Appl., 27 (2018), no. 2, 193--224.

年次レポート

  2020年度年次報告書▸ 2019年度年次報告書▸

渡辺 昌仁

Masahito WATANABE
機械科学専攻

研究テーマ

 流体混合に現れるカオス構造と輸送メカニズムの解明

年次レポート

  2020年度年次報告書▸ 2019年度年次報告書▸

受賞

  • ASME(米国機械学会)FED 2020 Graduate Student Scholarship Award for the Fluid Measurement and Instrumentation Technical Committee
    研究テーマ: "レイリー・ベナール対流に現れるラグランジュ・コヒーレント構造とカオス的混合の実験的解析"
           → 早稲田大学スーパーグローバル大学創成支援 ニュースlink

2017年度4月進入

金子 吉樹

Yoshiki KANEKO
数学応用数理専攻

研究テーマ

 Loop groups and Equations of painleve Types

年次レポート

  2020年度年次報告書▸ 2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

大土井 亮祐

Ryosuke ODOI
数学応用数理専攻

研究テーマ

 有理型接続のモノドロミーデータとポアソン構造

年次レポート

  2020年度年次報告書▸ 2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

海外派遣レポート

  2020年1月~5月 インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス校(アメリカ合衆国)▸

数物系科学コース修了生

金丸 諒

Ryo KANAMARU
(2021年3月修了)

研究テーマ

 非線形偏微分方程式の時間局所的強解の延長可能性の研究

年次レポート

  2020年度年次報告書▸ 2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸

海外派遣レポート

  2019年12月~2020年3月 ダルムシュタット工科大学(ドイツ)▸

論文

  1. R. Kanamaru, "Brezis-Gallouet-Wainger type inequalities and a priori estimates of strong solutions to Navier-Stokes equations", J. Funct. Anal., 278 (2020), no. 4, 108277, 20 pp.
  2. R. Kanamaru, "Optimality of logarithmic interpolation inequalities and extension criteria to the Navier-Stokes and Euler equations in Vishik spaces", J. Evol. Equ., published online (2020).
坂田 友

Yuu SAKATA
(2020年3月離脱)

研究テーマ

 軸流圧縮機に発生するサージ・旋回共存系の相互干渉

年次レポート

  2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸

黒田 隆徳

Takanori KURODA
(2020年3月修了)

研究テーマ

 放物型方程式論に基づく複素Ginzburg-Landau方程式の研究

年次レポート

  2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

海外派遣レポート

  2018年7月 AIMS(台湾)▸

論文

  1. Kuroda, T. Ôtani, M., "Local well-posedness of the complex Ginzburg-Landau equation in bounded domains", Nonlinear Anal. Real World Appl., 45 (2019), 877--894.
  2. Kuroda, T. Ôtani, M., "Initial-boundary value problems for complex Ginzburg-Landau equations governed by p-Laplacian in general domains", Libertas Mathematica (new series), 38 (2018), no. 2, 67--104.
  3. Kuroda, T. Ôtani, M. Shimizu, S., "Initial-boundary value problems for complex Ginzburg-Landau equations in general domains", Adv. Math. Sci. Appl., 26 (2017), no. 1, 119--141.
寺原 拓哉

Takuya TERAHARA
(2020年3月修了)

研究テーマ

 流体構造連成解析のための特殊格子移動法

年次レポート

  2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

論文

  1. K. Takizawa, T. E. Tezduyar, T. Terahara, and T. Sasaki, "Heart valve flow computation with the integrated Space. Time VMS, Slip Interface, Topology Change and Isogeometric Discretization methods", Computers & Fluids, 158 (2017) 176--188.
  2. K. Takizawa, T. E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, K. Shiozaki, and A. Yoshida, "Aorta flow analysis and heart valve flow and structure analysis", Frontiers in Computational Fluid--Structure Interaction and Flow Simulation: Research from Lead Investigators under Forty --- 2018, (2018) 29--89.
  3. K. Takizawa, T. E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, T. Sasaki, and A. Yoshida, "Mesh Refinement influence and cardiac-cycle flow periodicity in aorta flow analysis with isogeometric discretization", Computers & Fluids, 179 (2019) 790--798.
  4. T. Terahara, K. Takizawa, T. E. Tezduyar, Y. Bazilevs, and M.-C. Hsu, "Heart valve isogeometric sequentially-coupled FSI analysis with the space--time topology change method", Computational Mech, 65 (2020) 1167--1187.
  5. T. Terahara, K. Takizawa, T. E. Tezduyar, A. Tsushima, and K. Shiozaki, "Ventricle-valve-aorta flow analysis with the Space--Time Isogeometric Discretization and Topology Change", Computational Mech, published online (2020).
鶴見 裕之

Hiroyuki TSURUMI
(2020年3月修了)

研究テーマ

 非線形偏微分方程式の適切性・非適切性の考察

海外派遣レポート

  2017年9月 Cetraro(イタリア)▸

年次レポート

  2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

論文

  1. H. Tsurumi, "Counter-examples of the bilinear estimates of the Holder type inequality in homogeneous Besov spaces", Tokyo J. Math., (2020), in press.
  2. H. Tsurumi, "Well-posedness and ill-posedness of the stationary Navier-Stokes equations in toroidal Besov spaces", Nonlinearity , 32 (2019), no. 10, 3798--3819.
  3. H. Tsurumi, "Well-posedness and ill-posedness problems of the stationary Navier-Stokes equations in scaling invariant Besov spaces", Arch. Ration. Mech. Anal. , 234 (2019), no. 2, 911--923.
  4. H. Tsurumi, "Ill-posedness of the stationary Navier-Stokes equations in Besov spaces", J. Math. Anal. Appl. , 475 (2019), no. 2, 1732--1743.
  5. H. Tsurumi, "The stationary Navier-Stokes equations in the scaling invariant Triebel-Lizorkin spaces", Differential Integral Equations , 32 (2019), no. 5-6, 323--336.

受賞

渡邊 圭市

Keiichi WATANABE
(2020年3月修了)

研究テーマ

 相転移を伴う気液二相流の数学解析

年次レポート

  2019年度年次報告書▸ 2018年度年次報告書▸ 2017年度年次報告書▸

海外派遣レポート

  2019年5月~9月 ピッツバーグ大学(アメリカ合衆国)▸

  2018年9月~12月 インペリアル・カレッジ・ロンドン,レディング大学(イギリス)▸

  2017年9月 Cetraro(イタリア)▸

論文

  1. K. Watanabe, "Strong solutions to compressible--incompressible two-phase flows with phase transitions", Nonlinear Anal. Real World Appl., 54 (2020), 103101, 62 pp.
  2. K. Watanabe, "Compressible-Incompressible Two-Phase Flows with Phase Transition: Model Problem", J. Math. Fluid Mech, 20 (2018), no. 3, 969--1011.

数物系科学コース生以外の学生メンバー

林 雅行

Masayuki HAYASHI
(2019年3月卒業)

研究テーマ

 微分型相互作用を持つ非線形シュレディンガー方程式の研究

海外派遣レポート

  2018年7月~9月 IMPA(ブラジル)▸

  2017年8月~12月 IMPA(ブラジル)▸

論文

  1. Noriyoshi Fukaya, Masayuki Hayashi, Takahisa Inui, A sufficient condition for global existence of solutions to a generalized derivative nonlinear Schrodinger equation, Anal. PDE 10 (2017), no. 5, 1149-1167.
  2. Masayuki Hayashi, A note on the nonlinear Schrödinger equation in a general domain, Nonlinear Analysis 173 (2018), 99-122.
  3. Masayuki Hayashi, Long-period limit of exact periodic traveling wave solutions for the derivative nonlinear Schrrödinger equation, to appear in Annales de l'Institut Henri Poincaré / Analyse Non Linéaire.
倉石 孝

Takashi KURAISHI
(2019年3月卒業)

研究テーマ

 ************************

海外派遣レポート

  2017年10月~18年1月 ライス大学(アメリカ)▸

高橋 剛

Go TAKAHASHI
(2018年3月卒業)

海外派遣レポート

  2015年7月~8月 ダルムシュタット工科大学(ドイツ)▸

活動報告

  2015年度研究活動報告▸

論文

  1. Go Takahashi, Partial regularity and extension of solutions to the Navier-Stokes equations. RIMS Kokyuroku 2009 (2016), 124-133.
藤原 和将

Kazumasa FUJIWARA
(2017年3月卒業)

海外派遣レポート

  2016年10月~17年2月 ピサ大学(イタリア)▸

  2015年10月~11月 ピサ大学(イタリア)▸

活動報告

  2015年度研究活動報告▸

論文

  1. Kazumasa Fujiwara, Vladimir Georgiev, Tohru Ozawa. Higher order fractional Leibniz rule, J Fourier Anal Appl (2017). https://doi.org/10.1007/s00041-017-9541-y.
  2. Kazumasa Fujiwara, Vladimir Georgiev, and Tohru Ozawa. Blow-up for self-interacting fractional Ginzburg-Landau equation, Dynamics of Partial Differential Equations, 15 (2018) 175-182. DOI: http://dx.doi.org/10.4310/DPDE.2018.v15.n3.a1

受賞

星埜 岳

Gaku HOSHINO
(2017年3月卒業)

海外派遣レポート

  2016年1月~2月 メキシコ国立自治大学(メキシコ)▸

  2015年2月 メキシコ国立自治大学(メキシコ)▸

活動報告

  2015年度研究活動報告▸

成塚 拓真

Takuma NARIZUKA
(2017年3月卒業)

海外派遣レポート

  2016年7月 Centre de Congrès de Lyon(フランス)▸

論文

  1. Takuma Narizuka and Yoshihiro Yamazaki. Statistical properties for directional alignment and chasing of players in football games, EPL (Europhysics Letters), Volume 116, Number 6 (2016).

下記は各学生メンバーの大学院修了直後の進路情報です。最新の状況を示したものではありません。

黒田隆徳 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 17/18-19/20 → 早稲田大学 日本学術振興会 特別研究員(PD)
鶴見裕之 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 17/18-19/20 → 早稲田大学 日本学術振興会 特別研究員(PD)
寺原拓哉 創造理工学研究科 総合機械工学専攻 17/18-19/20 → 早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科 助教
渡邊圭市 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 17/18-19/20 → 早稲田大学 国際理工学センター 講師(任期付)
Suma'inna 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 15/16-18/19 → State Islamic University of Syarif Hidayatullah Jakarta 講師
林 雅行 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 15/16-18/19 → 京都大学 日本学術振興会 特別研究員(PD)
山田 雄平 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 15/16-18/19 →
倉石 孝 創造理工学研究科 総合機械工学専攻 15/16-18/19 → 早稲田大学 理工学術院総合研究所 次席研究員
水口 信 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 15/16 → 早稲田大学 理工学術院総合研究所 次席研究員
田中 一成 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 15/16 → 早稲田大学 理工学術院総合研究所 次席研究員
小林 領 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 15/16-17/18 → 早稲田大学 基幹理工学部応用数理学科 講師(任期付)
田中 亨 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 15/16-16/17
高橋 剛 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15-17/18 → 浅野中学・高等学校
藤原 和将 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 14/15-15/16 → 早稲田大学 日本学術振興会 特別研究員(PD)
成塚 拓真 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 14/15-15/16 → 中央大学理工学部 物理学科 助教
星埜 岳 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 14/15-15/16 → 研究員メンバー
大森 祥輔 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 14/15-15/16 → 早稲田大学 基幹理工学部 電子物理システム学科 助教
小野崎 香織 基幹理工学研究科 機械科学専攻 14/15-15/16 → 研究員メンバー
柳澤 優香 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15 → 早稲田大学 理工学術院総合研究所 次席研究員
Sri Maryani 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15-15/16 → Assistant Professor, Jenderal Soedirman University
村田 美帆 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15 → 神奈川大学工学部 数学教室 特別助教
齋藤 平和 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15 → 研究員メンバー
高橋 渉 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 14/15 → みずほ銀行